70万冊を超える蔵書をはじめ、アマゾンとも連動したOPACを有する佐賀大学附属図書館|Saga University Library

佐賀大学附属図書館のクイックサーチ|QUICK SEARCH

  • 蔵書検索
  • 電子ジャーナル
  • 電子ブック
  • 国内論文(CiNii)
  • 海外論文(Scopus)
  • リポジトリ検索

図書検索システム(OPAC)佐賀大学にある図書および雑誌を検索します
シラバス掲載図書
学科・教員推薦図書

佐大SFX(電子ジャーナルリスト)佐賀大学で閲覧できる電子ジャーナルを検索します。

佐大SFX(電子ブックリスト)佐賀大学で閲覧できる電子ブックを検索します。

CiNii Articles日本の学術論文情報を検索します。

Scopus(スコーパス)海外の学術論文情報を検索します。

佐大機関リポジトリ佐賀大学における研究成果を検索します。

Step0: レポートや論文の特徴

そもそもレポート・論文とはなんでしょうか。作文や感想文とは何が違うのでしょう。また、書くにあたってなぜ資料や文献を参照しなくてはいけないのでしょうか。

0-1. レポート・論文とは

特に新入生には、レポート・論文の執筆は初めての経験という方も多いでしょう。レポート・論文と呼ばれるものと作文・感想文・随筆と呼ばれるものは異なります。作文・感想文・随筆は通常、筆者の主観によって記述されます。筆者が感じたこと、思ったこと、感情や考えを記述したものと言えます。

これに対してレポート・論文の場合は筆者の意見・考えにも客観的な裏付け、「根拠」がなくてはなりません。この根拠となりうるものには、自ら行った実験や調査によって得られたデータや、「先行研究」によるデータや見解「文献・資料」の記述などがあります。これらを裏付けとして参照、または引用して論述することがレポート・論文たる上での必須条件となります。そしてこれらのうち、先行研究や文献・資料の多くは図書館を通じて手に入れる(または借りる)ことができます。図書館を活用して適切な文献を入手しましょう。

0-2. レポート・論文の書き方ガイドブック紹介

レポート・論文における論述には根拠が必要ですが、根拠さえあればレポート・論文として成立するわけではありません。文章が一定の形式(章立てや文章構成)をなしていることや記述の仕方(文章表現や資料の挿入方法、注釈の付け方など)が統一されていることなど、さまざまな要件があります。またそれらは学問分野やレポート・論文の提出先、寄稿・投稿先によっても異なります。大学の授業の課題としてレポートを書く場合にはそのときそのときに定められた条件やルールに従わなくてはなりません。

図書館には論文を書く上での基本的なノウハウを身につけるための参考となる本をいくつか所蔵しています。レポート・論文を書く前に一度これらの本に目を通しておくとよいでしょう。

河野哲也 『レポート・論文の書き方入門』 慶應義塾大学出版会、2002
櫻井雅夫『レポート・論文の書き方上級』 慶應義塾大学出版会、2003
滝川好夫『アピールできるレポート/論文はこう書く! : 書く見せる報告する : レポートから学術論文まで : すべてのコツが1冊でわかる!』税務経理協会、2004
戸田山和久『論文の教室 : レポートから卒論まで』 日本放送出版協会、2002

佐賀大学附属図書館SAGA UNIVERSITY LIBRARY

【本館】〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1番地 【医学分館】〒849-8501 佐賀県佐賀市鍋島 5丁目1番1号

Copyright©2012 SAGA UNIVERSITY LIBRARY. All Rights Reserved.