書架のご案内(1Fフロア)

資料案内
 【資料は図書検索システムOPACにて検索できます】
配架
 図書は「日本十進分類法 新訂9版」により分類されています。
利用
 すべて閲覧・著作権法の範囲内で複写できます。
 参考図書、視聴覚資料以外は貸出できます。

 

カウンター

貸出・返却をはじめ、図書館利用に関する各種手続きや総合案内、及びレファレンスを行っています。

 各種申請書類につきましてはこちら
 ご利用いただけるサービスについてはこちら をご覧ください。

レファレンスサービスのご利用方法についてはこちらをご覧ください。

自動貸出返却装置(学内の方専用)

セルフで貸出・返却および更新(1回まで)を行うことができます。
貸出、更新する場合は、学生証または職員証が必要です。

また、学内の方はMyLibrary(Webサービス)により、Web上で更新を行うこともできます。こちらをご覧ください。

複写コーナー

図書館本館には、3台のコピー機を設置しています。
プリペイド式プリンター用カードについて
佐賀大学生協(大学会館店/かささぎ2F 購買店)にてお求めください。

※附属図書館内の資料を複写(コピー)することは、学術研究発展のために例外的に認められていますが、いくつかの条件を満たす必要がありますので、条件をご確認の上、著作権法の範囲内でご利用ください。

【カードの種類】

◆ 500円(51ポイント)、1,000円(102ポイント)の2種類があります。
◆ 印刷にかかるプリペイドカードのポイント数
  白黒  1枚 1ポイント
  カラー A4:1枚 3ポイント
      B4:1枚 5ポイント
      A3:1枚 5ポイント
カラー印刷をご希望の方は、1階パソコンコーナーにあるプリペイド式プリンターをご利用ください。

<著作権法の遵守>
附属図書館内の資料は著作権法の範囲内で複写(コピー)することができます。
以下の条件を確認してください。また、条件を満たしていることを確認させて頂くため、複写の際にはコピー機の横に備え付けてある「文献複写申込書」に必要事項を記入し、提出してください。
  1. 公表された著作物は全部でなく一部分(*1)であること。
  2. 定期刊行物に掲載された各論文その他の記事は全部であるが、刊行後相当の期間(*2)を経たものであること。
  3. コピー部数は一人について一部のみであること。
  4. 利用者の調査研究のためであること。
  5. 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと。
    • *1:一部分とは半分を超えない程度
    • *2:相当の期間とは次号の刊行まで、あるいは刊行後3カ月

PC学習スペース

PC学習スペース
グループ学習スペース
談話スペース

ご利用いただける端末のご案内

教育支援システムの端末(教育システム端末)がPC学習スペースに50台グループ学習スペースに8台あります(学内の方専用です)。また、インターネット閲覧専用の端末(パソコン)が談話スペースに6台、3階に7台あります。インターネット閲覧専用の端末(パソコン)は、 印刷とデータ保存はできません。

教育システム端末について (学内の方専用)

総合情報基盤センターと同じ環境で利用できる端末です。PC学習スペースおよびグループ学習スペースに設置しています。総合情報基盤センターのID・パスワードを入力して利用してください。
教育システム端末の空き状況は こちらのページでご確認いただけます。

また、毎週水曜日の13時から16時の間はメンテナンス作業を行いますので、ご利用いただけません。

端末からプリンタへ印刷ができます。

談話スペースの端末について 

談話スペースの端末は、インターネットの閲覧専用です。印刷・保存はできませんのでご注意ください。また、ご利用の際は総合情報基盤センターから発行されたID・パスワードが必要です。

 

 

 

情報検索専用端末(佐賀新聞)

佐賀新聞のCD-ROM版がご利用いただけます。
こちらの端末では明治17年8月から平成19年3月までの記事を閲覧することができます。

また、1994年以降の新聞記事をお探しの方は、新聞資料室(本館3階)に保存しておりますので、
こちらもご利用ください。

利用

ご利用いただける端末は、カウンター横にある専用端末のみです。
ご利用の際はカウンターにお申し出ください。

ラーニング・コモンズ

1階全体がラーニング・コモンズとして会話可能なフロアとなっており、学生の主体的な学びを支援する機能を備えています。
本・情報・人に出会い、ともに学ぶ、「知」の交流ができる空間を目指しています。
  • ブラウジングスペース
  • シラバス掲載の図書や学習に役立つ新着図書などを配架しています。居心地の良いソファなどを揃えた、新しい資料と出会う場です。
    間仕切りとしても使えるホワイトボード、ノートPCと接続可能な大型モニター、4人掛けのテーブルなどを配置し、グループワークにも対応できる空間になっています。
  • 資料については、書架案内をご参照ください。
  • グループ学習スペース
  • グループワークやディスカッションに適した、可動式のテーブルと椅子を約70席準備しています。人数や目的に合わせ、自由に組み合わせてお使いください。 ホワイトボード、大型モニターも利用できます。
    教育システム端末8台を設置しており、Webでの調べ物も同時に行うことができます。
  • ※3階には、図書館Webサービス「My Library」で予約可能なグループ学習室があります。

視聴覚資料コーナー

視聴覚資料棚に、英語・フランス語・ドイツ語・日本語の学習用教材、ドキュメントビデオ・DVD、映画ビデオ・DVDなどがあります。

利用

1階マルチメディアコーナーでご利用ください。
ご予約は不要です。

アメリカンシェルフ

american_shelf
アメリカンシェルフとは
・アメリカ大使館・領事館が日本では手に入りにくいアメリカの本を寄贈し、それらの本を通じて文化交流を図るというアメリカ国務省のパートナーシップ・プロジェクトです。
資料の種類
・アメリカ領事館から図書を寄贈して頂いております。ジャンルは留学ガイドや英語の学習書、旅行ガイドブックの他、アメリカで賞を受賞した小説など多岐にわたります。

利用
・どなたでもご利用いただけます。
・すべて貸出できます。

返却ポスト

図書館が閉館している時は、図書館玄関西側にある返却ポストをご利用ください。
ただし、返却処理は次の開館日になりますのでご注意ください。なお、CDなどの付録資料があるものは、破損の恐れがありますので、返却ポストに投入せず、カウンターへお返しください。

OPAC専用端末

OPAC専用の端末を2台設置しています。

マルチメディアコーナー

BS放送、DVD、ブルーレイ、ビデオなどが視聴することができるコーナーです。2人同時にご利用できるブースが4ブースあります。
こちらでは、視聴覚資料コーナーにある学習用教材や映画などはもちろん、ご自分のDVD、ビデオ等の持ち込みも可能です。放送大学の受講もできます。

CDもご利用いただけますのでリスニング演習としてもこちらのコーナーをご利用いただくことができますが、カセットテープ・MDなどの再生機が必要な場合はカウンターにお申込みください。

談話スペース

当日の新聞をラックに下げています。
引出しに当月分3階の新聞資料室に1年分保存しています。

○資料案内

・朝日新聞 ・毎日新聞 ・読売新聞 ・日本経済新聞 ・日刊工業新聞・日本農業新聞・佐賀新聞 ・西日本新聞 ・東亜日報

・The Japan News ・Japan Times ・The Times

多目的スペース

イベントや展示など多目的に利用できる場所です。利用申込はグループ学習スペース・多目的スペース利用申込書に記入の上、カウンター(利用サービス担当)にご提出ください。